春のおはなし

寿命をのばす冬タイヤの保管 交換時期は大丈夫?家計節約のため、これだけはやっておこう!

雪が溶け、気温もあがり凍結の心配がなくなる頃。

冬タイヤの役割を終える季節を迎えます。

夏タイヤに交換し、冬タイヤを次のシーズンまで倉庫で保管する際に、

ちょっとひと手間を加えることが、その寿命を伸ばすことにつながります。

この値上げの時代ですから、費用のかさむタイヤには少しでも長持ちしてほしいですよね。

今回は北国での生活の知恵を、大阪から北海道に移住して15年。

自動車整備士として勤務経験がある私の実践を、皆さんへお伝えいたします。

 

※タイヤ交換の作業内容や方法については、こちらの記事をご参照ください。

夏タイヤ・冬タイヤへの交換方法を説明します【北海道移住15年】北国に移住したら、必ず待ち構えているのが「春と秋のタイヤ交換作業」です。 峠に雪が降ったと聞こえてくる10月中旬から後半に交換し、春先の4月中旬から5月の連休頃までスタッドレスタイヤを履いた車を利用することになります タイヤ交換の不慣れな方で、こちらのサイトを訪れていただいた方へ。 自動車整備士の経験がある私が説明させていただきました。...

 

タイヤの側面チェックを。

①側面のひび割れは無いですか?

②タイヤが古くなっていませんか?(交換時期の確認を)

①側面のひび割れはないですか?

うっすらならともかく、深くなれば最悪裂けます。

このタイヤも横方向にひび割れがありますが、この程度なら大丈夫。

明らかな目安というのが無いので、お伝えするのが難しいですが。

私なら、これはアウトです。あきらめましょう。

というか、危ないので使っちゃダメなレベルです。

②タイヤが古くなっていませんか?(交換時期の確認を)

使用開始後5年以上経過したタイヤは、継続して使用できるかタイヤ販売店等で点検を受けましょう。また、外観上では溝がしっかりと残っていても、製造後10年経過したタイヤはゴムの経時劣化が進んでおり、安全面での性能が保証されないため、新しいものに交換することをおすすめします。

国内シェアNo.1のブリヂストンHPより引用

使用開始後5年は、タイヤを買った記録を思い出していただいて。

ただ「製造後10年」と言われても…

一般消費者には、いつ製造されたかまでは分かりません。

ですが実は、分かる方法があるのです。

どのタイヤにも、国産タイヤでは側面に4ケタの数字が刻印されており、それを見れば製造年が分かるようになっているのです。

いろいろ数字がありますが…

「下2ケタが、西暦での製造年の下2ケタ」なのです。

写真のタイヤは「2015年製造」となります。

(ちなみに50は「その年の50週目」このタイヤは2020年の12月末製造となります)

ご参照いただき、確認されるといいですね。

接地面のチェックを。

①残り溝は充分ですか?

②溝に石などが挟まっていませんか?

③冬タイヤを夏に履く「履きつぶし」を考えます

①残り溝は充分ですか?

冬タイヤの使用限界は、溝が50%摩耗。つまり半分減ったとき。

その半分を知らせてくれるのは「⇑・矢印」マーク。プラットフォームが目印です。

写真の「⇑・矢印」マークが、反対側側面にもあります。

その延長線上だけ、タイヤの接地面がひときわ浅くなった筋があります。

写真のちょうど中央部分。浅くなっているのがお分かりでしょうか。

この筋が、タイヤがすり減って接地面に出てくるようになったら50%摩耗。

つまり「冬タイヤとしての使用限界」なのです。

あとは夏タイヤとして履きつぶしていくことになります。

写真の「△・三角」マークが、反対側側面にもあります。

その延長線上だけ、タイヤの接地面が若干浅くなった筋があります。

浅い筋なので、やや分かりにくいのですが…

冬タイヤにも、夏タイヤ同様ちゃんとこの筋があります。

この筋が、タイヤがすり減って接地面に出てくるようになったら残り溝1.6㎜。

つまり「夏タイヤとしても使用限界」なのです。

写真のタイヤは、完全に使用限界。ここまで使ってはいけない、悪い見本です。

②溝に石などが挟まっていませんか?

点検の際、接地面の溝に小石などが挟まっていたら。

タイヤの劣化や、部分的な変形に繋がります。

細いドライバーなどで取り除いてください。

③冬タイヤの「履きつぶし」を考える

「履きつぶしタイヤ」という言葉があります。

ずいぶん性能が上がったとはいえ、3~5年ほどで冬タイヤそのものが硬化して冬の安全性にも影響します。

もちろん、残り溝が充分でなくなった冬タイヤも含めて。

冬タイヤとして履けなくなった冬タイヤ。

これを夏用タイヤとして使用するタイヤを「履きつぶし」と呼んでいます。

日本の基準では、残り溝が1.6㎜あれば車検は通ります。

履きつぶしの冬タイヤでも同様です。

ただこれは「車検は通る」というだけで、充分安全という訳ではありません。

雨の日の排水性能を考えると、夏タイヤであっても残り溝4㎜程度になったら交換が望ましいとされています。

冬タイヤの履きつぶしとなれば、なおさら。

履きつぶすということは、冬タイヤとしての寿命・プラットフォームまですり減った残り溝5㎜未満のタイヤ。

冬タイヤは、ブレーキを踏んでから止まるまでの「制動距離」が夏タイヤより劣ります。

そのため「履きつぶしタイヤ」を履いて走行すること自体、安全面を考えるとおすすめ出来ないところ。

「と言っても、もったいなく感じるし…」という方へ。

「冬タイヤとしての限界が来たら、せいぜい次の冬タイヤを履くまでの夏ワンシーズン程度」

そのホイールに、秋が来たら新しい冬タイヤを組むというのはいかがでしょうか。

タイヤ、ホイールセットを洗ってほしいのです

①せっけん水で、ブラシを使ってジャブジャブと。

②その際に、エアーバルブの空気漏れチェックを。 

①せっけん水で、ブラシを使ってジャブジャブと。

手間ではあるのですが

「ぜひ一度、タイヤとホイールを洗ってほしいのです」

冬の道路は、凍結防止剤が撒かれます。

その成分は塩です。錆びるとクルマの車体もこうなります。

こちらの記事をご覧ください。

ここまで朽ちる!愛車を塩カル・錆び(サビ)が襲う【北海道移住歴15年】北海道に住むようになり15年。自動車整備士として勤務した経験もある私です。メンテナンス方法も心得ているつもりでした。しかし、北海道では想像を絶するほどの「錆び」が愛車を襲います。原因は「凍結防止剤」「融雪剤」。その現状を対策を、廃車となった私の車の写真をもとにお伝えします。...

その「塩」は、ホイールやタイヤにもいいわけがなく、劣化を進めます。

それを洗い流そうという訳です。

業者さんで交換され、ご自身の物置で保管されるなどで持って帰られた方。

ご自身で交換された方も。

外してそのまま倉庫にではなく、ちょっとその前に。

バケツにカーシャンプーを入れてホースの水で泡立てて。台所洗剤をひと押しでも構わないです。

表面も裏面も、ジャブジャブ洗ってください。

②その際に、エアーバルブの空気漏れチェックを。 

バルブというのは、ゴムで出来た、空気を入れる部分のこと。

これが劣化すると、ホイールの付け根から空気が漏れだすのです。

(写真では車体についてますが、外して洗っているものとお考え下さい。)

ここをチョイチョイと、指で軽く横方向に押して力を加えてあげます。

せっけん液で濡れたバルブの根元から泡が出るようなら、空気漏れ。

バルブを交換の際は、タイヤをいったんホイールから外さないといけません。

次シーズンにこのタイヤを使うまでの間に、車屋さんやタイヤショップに相談してください。

(出来ることなら、保管中にタイヤの変形を最小限にしたいので早めに)

天日干しで、乾かしたら終了です。

①空気を少し多めに入れておけるなら、なお最高です。

②乾かしたら、倉庫へどうぞ。ベストは「寝かせて保管」です。

①空気を少し多めに入れておけるなら、なお最高です。

保管の際の空気圧は、タイヤ既定の空気量より1割ほど多めがベスト。

これは、保管中の変形を予防する意味合いで「少し張り気味」にしておくというわけです。

自転車用空気入れ

自転車やバイク用の空気入れでも「気合があれば、なんとかなります」

ただ、何十回も押し込まないといけない「かなりの重労働」になりますが…

コンプレッサーでの空気入れ

写真のような「コンプレッサーにつないで空気を入れる」ようにすれば、労力は何倍、いや、空気入れに関しては何百倍も楽になります。

日常の点検時にも。空気圧不測のまま車に乗っていると、燃費は格段に低下します。

最悪、タイヤの破裂にもつながりかねません。

体や荷物を乗せて運んでくれる、重い車。支えているのはタイヤですので、空気圧は手軽に点検できるようにして、気にしておきたいところですね。


これがあれば、洗って濡れた水滴を空気で飛ばすこともできます。

乾きも早くなって、まさに一石二鳥。本格的なものでなくても、用意していて無駄にはならないでしょう。

②乾かしたら、倉庫へどうぞ。ベストは「寝かせて保管」です。

接地面の負荷がかかってしまう縦置きよりも、

保管は「寝かせて保管」です。タイヤの変形を面接触で最低限に、

圧力からも、ホイールが守ってくれます。

いちばん下になる、地面に接する部分だけは石や砂でタイヤを傷めないようご留意を。

倉庫のタイヤ

私は通気のため、木の切れ端で浮かせて段ボールを一枚敷いています。

ホイールの無い「タイヤだけ」の状況だと「縦置き」をメーカーも推奨していますが、一般家庭ではまず無いことでしょうから。

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
みなさまに参考としていただけたり、疑問解決の一助となりましたら幸いです。

ふだん私は、北海道が大好きになって、「いつかは北海道、道東に住んでみたいな…」と思われた方が有意義に感じてもらえるようなブログ記事を書いています。下のリンクから、他の話題もご覧いただけましたらうれしいです。

今後とも北海道移住ブログ「なーしぃのひとりごと」をどうぞよろしくお願いいたします。