自己紹介

ブログ管理人「なーしぃ」の自己紹介です

「なーしぃのひとりごと」をご訪問いただき、本当にありがとうございます。

なーしぃと申します。

なーしぃ
なーしぃ
大阪出身、47才の男です。北海道生活15年目となりました。

大阪で32才まで過ごしました。

結婚を機に夫婦で「知り合った場所に近いところで生活をしよう」という話が進み、北海道・道東に移住。

2年間暮らした街を離れ、現在は根室管内の「別海町(べつかいちょう)」に暮らしています。

別海町ホームページより出典

なーしぃ
なーしぃ
2児の父です。看護師をしております。

自動車整備士からの転身で、看護師に。

看護学校は少し遅い26才の時に卒業。20年ほどの看護師経験の大半を道東の医療機関で過ごしました。

北海道で産まれ育った、中学生の娘と小学生の息子が居ります。

なーしぃ
なーしぃ
趣味はオートバイ、キャンプ、軽登山です。

高校生の頃に大型二輪免許を取得。以降バイクツーリングを趣味としています。整備士時代の整備技術は今も趣味として生かされています。

23才のとき、退職を機に北海道を初めてバイクで走りました。以降も毎年夏になるとバイク、冬には飛行機と鉄道を利用し北海道を訪れるように。今思うと、その頃からお気に入りの景色、宿、人に会うことを目標に北海道を訪れるようになっていたかもしれません。

看護学校に入学、そして再就職。看護師となった後、期することがあり29才で仕事を辞め、約1年半かけてバイクで日本一周の旅に出ました。

この頃には、通いつめた北海道への移住をぼんやり考えていたように思います。

その前に「自分の住んでいるこの国をこの目で見て、感じて、それから答えを出そう」と考え、旅に出ました。日本最北端の宗谷岬・最東端の納沙布岬・最西端の与那国島・最南端の波照間島に到達。現在もこの旅で知り合った、全国にいる多くの友人が心の支えになっています。

北海道は宿のヘルパーを経験しながら約3か月間過ごし、道内道の駅を全駅走破しました。

結婚し子どもが生まれてからは、旅の途中は「日常生活として」ソロキャンプをしていたことが、ファミリーキャンプに変わりました。

夏休みになると一週間程度、キャンプをしながら道内を旅しています。今風のおしゃれなキャンプには程遠い、生活感あふれるキャンプスタイルですが。

軽登山は、岐阜県出身の妻の趣味が影響しています。何でも独身のときには南アルプスを数日かけ、テントを担いで縦走したこともあったとか。

私は日帰りハイキング程度の山を、散歩する程度です。

なーしぃ
なーしぃ
移住を決断し、実行し15年。ここまでの経験と北海道での生活が皆さんの参考にしていただけるならと思い、ブログを立ち上げました。

15年という区切りを迎えました。
この間に子が生まれ、大きくなりました。移住者だけでなく、仕事やプライベートで多くの方と知り合い、支えていただきました。

生活の中での「気づき」や「経験」から得た「学び」は、移住して生活してみないと分からないことがほとんど。移住専門誌などには、まず書かれていません。

このブログを訪れていただいている方々の大半は「移住を考えている」「移住を実行に移そうとしている」「移住を決断した」ひょっとしたら「移住を実践して、新天地に住むようになった」方々ではないでしょうか。

 

  • 「どんな準備をしたらいいのだろう」
  • 「どこに住めばいいのだろう。どうやって探せばいいのだろう」
  • 「ネガティブなことを書いてあるブログもあって、移住を迷ってしまう」
  • 「移住生活を実践してみると、どう感じるんだろう。どんな生活なんだろう」
  • 「移住してからの悩みとか発見など、生の声をきいてみたい」

 

これらを30代前半で実行し、現在40代後半となりました私の男性視点として。父親としての子育て世代の視点として。そして時にはへき地医療と呼ばれる地域医療の実践者としての視点でお話ししたいと考えています。
機会があれば同世代の妻や子どもたちの暮らし、声なども紹介したいとおもいます。

中には「北海道を観光等で訪れる準備をされている方」も訪問いただいているかもしれませんが、有意義と感じていただけましたら幸いです。
他の記事も、どうぞご覧いただけないでしょうか。そして北海道での生活を少しでも思い浮かべましたら、ぜひ「なーしぃのひとりごと」を思い出してください。

各記事の題名の部分に用いる写真は、季節の北海道を感じていただけるものを載せております。道東に限らず、これまで足を運んで実際に自分で撮った写真のみを用いています。
(文中の写真やイラストは素材集から用いることもございますので、ご容赦ください)

なーしぃ
なーしぃ
ファイナンシャルプランナーの資格も持ち合わせています

こちらは生活する上での学びの一環としての習得です。何か事業をしているわけではございません。
ブログ内でのお話の中で、金銭的なお話が出てくることも多いかと思います。
「セコいなあ、この人」と思われることがあるかもしれませんが、「使わなくていいお金は、使わない生活」を心がけていますのであしからずご了承ください。
(どケチではないと、自分では思っているのですが…)

なーしぃ
なーしぃ
目指すのは「ガイドブックには載っていない、経験談の北海道(移住)情報」

私のブログは、移住専門誌やガイドブックにあるような「表面上の案件」ではありません。
「まるで楽園のような田舎暮らし、こんなにお得な支援制度」的なうわべだけの内容は専門誌にお任せします。
「おいしいお店」「おすすめの宿」的な内容も旅行雑誌の方が詳しいかと思います。

私には、何の支援制度も用いず(その頃は今のように無かっただけですが)北海道で15年間暮らした「移住者としてのノウハウ」があります。
この経験を、どのメディアも経験値がなく伝えられないような、細かすぎる移住者(よそもの)視点でお伝えしようと考えています。

充実した毎日を送る中で、どうしてもネガティブなことも感じてきました。
この経験をお伝えすることが、これから移住を考えておられる方や、移住して間もない方の参考になるのなら。

それらも包み隠さずお伝えしたいと考えています。

なーしぃ
なーしぃ
「地方移住」を検討されている方に。北海道を訪れるすべての皆様に。ほんの少しでも有意義に思っていただける記事を更新していきます。

私、なーしぃは縁あって北海道・道東に移り住みました。

ブログ更新を通じて全国各地の「地方移住」を検討されている皆様に、そして北海道を訪れるすべての方に。何より、このブログに来てくださった皆様に、少しでも有意義に感じていただけるよう目指しております。

どうぞ末永くお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。